明月院のあじさい

2016年7月15日

小杉中央クリニックのスタッフのAです。
もう7月です!!今年も残り半分になっちゃいました…早いですねー!

梅雨が明ける前にと・・・先日、鎌倉に行ってきました。まずは明月院のの紫陽花✿を見にいきました。
名月院 あじさい

明月院は、鎌倉にある明月院は北鎌倉の谷戸と言われる、山間にある普段は静かなお寺です。アジサイの咲く6月頃(5月下旬は静かです)は多くの観光客で賑わいます。明月院は別名アジサイ寺と呼ばれるほどです。初夏はアジサイ以外にも鎌倉に多いイワタバコの花やハナショウブの花も見事です。ミシュランガイドブックでは二つ星に選ばれ、外人さんにも人気のお寺です。名月院の由来は、臨済宗建長寺派に属する寺。首藤刑部太夫・山ノ内経俊が永暦元年(1160)に平治の乱で、戦死した父・首藤刑部大輔・俊道の菩提供養として、明月院の前身の明月庵を創建。その後、康元元年(1256)、
鎌倉幕府五代執権・北条時頼が執権を北条長時に譲って、この地に最明寺が建立し、出家生活をここで送ったそうです。

さて、北鎌倉の駅から、歩いて、12分くらいで名月院に到着しました。ちょっと時期が遅すぎたようで、紫陽花は元気なかったのかな?でも、緑が深く綺麗な空気を沢山吸って静かな雰囲気に浸かれました。そして、明月院の入り口手前に在る絵本作家 葉祥明さんの美術館に寄ってきました。きれいな二階建ての洋館で、建物自体もとっても素敵で階段を上るとソファが置かれているので、ゆっくる座って絵本を読むこともできました。
葉祥明美術館1

download-2

色彩があざやかですよね~❤絵本の原画の展示や油絵、ミケランジェロの「ピエタ」のマリア様をスケッチした絵もありました。ご興味のある方は、是非とも立ち寄ってみてください。ステキな世界観を体験できると思いますよ!とても、有意義な一日を過ごせました♪


Tags: ,

Posted by 武蔵小杉の内科|武蔵小杉駅1分の内科なら小杉中央クリニック at 00:27 / 気ままなブログ

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
メールでのお問合せ

お問合せフォームはこちら

臨時休診日

診療時間と休診日はこちら

お知らせ
小杉中央クリニック

[診療時間]

診療時間の詳細ついては、
こちらをご覧ください。

[休診日]
日曜日、祭日、火曜午後

※諸事情により臨時休診とさせて
 いただく場合がございます。
 臨時休診の詳細情報は、
こちらをご覧ください。

インフルエンザ予防接種について 定期的に開催糖尿病セミナー 糖尿病専門医布施院長とクリニックのスタッフの気ままなブログ 院内設備
アクセス情報

[アクセス]

〒211-0063
川崎市中原区小杉町1-403
武蔵小杉タワープレイス2階
武蔵小杉駅より徒歩1分

外観

▲ページTOPへ