電力自由化について

2015年4月8日

電力自由化について
 いま日本では、一般世帯と小規模事業者(コンビニ店舗や少人数オフィスなど)は、契約する電力会社を選ぶことができません。東京近郊では選択肢は東京電力のみです。でも2016年から、電力会社を自由に選べるようになるのです。先日、国会で可決された改正電気事業法によって、日本の電力市場が完全自由化されることが決まったからです。電話も以前はNTTしか選択できませんでしたが、今は、ソフトバンクやKDDIや新興の格安電話会社などいろいろなプランを選べるようになってきました。電力も同様に選べるようになるのでしょうか?

 さて、電力が自由化されるとどうなるのでしょうか? 電力自由化を成功させているイギリスの事例を元に見ていきたいと思います。イギリスの一般家庭の消費者は、以下のような視点で各々が自由に電力会社を選び、契約しています。Cooperative Energyは企業形態が利益をメンバーで折半する非営利目的の会社であるため、大変安い料金プランで電気を供給しているため、消費者は大電力会社と契約していた時よりはるかに安い値段で電気を購入することが出来ます。イギリスの新規事業者の中には、Good Energyという、再生可能エネルギーを多く取り入れ、環境に優しいプランであることに力をいれている事業者もあります。Good Energyのプランは、化石燃料などを元にした安さが売りのプランと比べると電気料金は少し高めですが、それでも大手電力事業者の料金と同等程度で、再生可能エネルギーを主に利用するプランを提供しています。消費者は、環境面を重視してプランを選ぶこともできます。しかしこれまで日本の電力市場では、決められた一つの電力会社からしか電気を購入できませんでした。2016年に電力小売りが全面自由化されると、上記のイギリスの例のように、自由に電力会社を選び、電気を購入することができるようになるのです。
 具体的にはどういう風に電力が自由化して行くのでしょうか? 全面自由化後は、大手電力会社の制度上の呼び名である一般電気事業者や新電力といった事業区分はなくなる。すべての事業者が対等な条件下で競争することになるが、豊富な電源設備を持つ大手電力会社が有利であるのは変わらない。大手に対抗するために、電源設備を保有する事業者と企業や家庭などの顧客を抱える事業者との提携が進みそうです。
 全面自由化で開放されるのは、現在、大手電力会社にしか認められていない契約電力50キロワット未満の家庭や事業所などへの電力販売だが、新規参入事業者を巻き込んだ競争は、大口顧客向けの電力販売に波及する。15年後半は、家庭向けの提供に先立って企業向けに新しい電力サービスを打ち出し、自由化後の事業展開の足掛かりにしたいと考える事業者が出てきそうと言う事です。
 太陽光発電 電力自由化太陽光発電 電力自由化

 こうした動きは既に出始めている。ソフトバンクグループのSBパワー(東京・港)は14年7月に大口顧客向けに電力販売を始めた。販売開始から約5カ月で約100拠点への契約が決まったという。供給するのは、同社が全国で展開しているメガソーラー(大規模太陽光発電所)で発電した電力だ。商品ブランドの向上を狙う食品会社からの要望が多いという。ただ、同社が現在保持する再エネ電力は約10万キロワットと限られる。足りない分は日本卸電力取引所から調達した電力で賄なうそうである。
 また、ソフトバンクは、通信と電力を組み合わせた新サービスの提供を視野に入れている。同社のような通信分野からの参入だけでなく、ガス、電機、自動車、商社なども、自らの商品やサービスと電力を融合させた新サービスの提供に向けて準備を進めているそうです。

 迎え撃つ大手電力会社は既にエリア外での電力販売に乗り出している。東京電力は14年10月から子会社のテプコカスタマーサービス(東京・江東)を通じて関西や中部地方の家電量販店に電力供給を始めた。関西電力も子会社の関電エネルギーソリューション(大阪市)を通じて首都圏でオフィスビルなどに電力を販売している。電力自由化がどういう風に進んで行くか、楽しみですね。もちろん、私は再生可能エネルギーを売りにした電力会社を選びたいですね。


Tags: ,

Posted by 武蔵小杉の内科|武蔵小杉駅1分の内科なら小杉中央クリニック at 21:50 / 気ままなブログ

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
メールでのお問合せ

お問合せフォームはこちら

臨時休診日

診療時間と休診日はこちら

お知らせ
小杉中央クリニック

[診療時間]

診療時間の詳細ついては、
こちらをご覧ください。

[休診日]
日曜日、祭日、火曜午後

※諸事情により臨時休診とさせて
 いただく場合がございます。
 臨時休診の詳細情報は、
こちらをご覧ください。

インフルエンザ予防接種について 定期的に開催糖尿病セミナー 糖尿病専門医布施院長とクリニックのスタッフの気ままなブログ 院内設備
アクセス情報

[アクセス]

〒211-0063
川崎市中原区小杉町1-403
武蔵小杉タワープレイス2階
武蔵小杉駅より徒歩1分

外観

▲ページTOPへ